鉄道と旅と温泉と・・

アクセスカウンタ

zoom RSS JR東日本のIC乗車券専用改札口について

<<   作成日時 : 2013/07/05 23:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 JR東日本が武蔵境駅の高架下商業施設NONOWA側に改札を作った。その改札がIC乗車券専用のもの。朝日新聞で私のコメントが掲載されたが、その内容にJR東日本は不満だという。
 誤解をいとわずコメントの内容を大胆に要約すると
、・・・IC乗車券しか使えない出入り口を設置することは旅客を選別することになりけしからん。IC乗車券専用改札機は駆動部を持たないのでコスト削減が主目的に思える。公共交通として公共性と収益性のバランスを取るべきだが、最近のJR東日本は収益性に傾いている印象がある。(ただし、紙面では、「収益性」が「営利」に置き換わっている。)
 当の改札機は磁気券の投入口がテープで目隠ししてあるだけで、実際は磁気券兼用タイプで、今回の措置が試行的措置であることを推測させるが、駅の構造上東側に偏った正面の改札でしか磁気券を使えないことにした措置は試行的であるとしてもちょっと乱暴な気がするのだが・・・・
 ただ、私自身、実際にこのNONOWA口を日常的に利用しているが、IC乗車券専用にしたことに対して、(取材の際に記者が主張したようには)不満に思っている乗客はいないように窺えるので、JR東日本の思惑は成功していると言えそう。

 IC乗車券が旅客にとっても便利なことは私自身SUICAのヘビーユーザーなので体感していることであり、IC乗車券普及という目標はすでに十分に達成している。次の段階で、完全IC化が技術開発の目標として認識されているのだろうけれども、そんなに急いで、その駅に不案内な人を混乱させるようなやり方はいかがなものかと思うのですが、

 JR東海が発表したリニア中央新幹線の途中駅のイメージを先取りしているという気もする。技術革新に抵抗する気もない。念のため・・・

※なお、当該記事の掲載紙が届いていないため、G-search新聞記事データーベースで検索しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
JR東日本のIC乗車券専用改札口について 鉄道と旅と温泉と・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる