いすみ鉄道イベント参加の推奨コースがバスの訳(11/16修正)

http://www5a.biglobe.ne.jp/~raillink/timetable.pdf

上のリンクを開きますと11月15日土曜日、イベント当日の時刻表が表示されます。
黄色の地色のコースが推奨コースですが、いずれも「いすみ鉄道」は含まれません。

この理由は、大原経由で大多喜に入る場合、地理的距離はさほど遠隔地ではないのですが、乗換え時間を含む時間距離があまりにも遠いということがあります。新幹線ですと、東京から岩手県ほどの距離になります。
過去「セミナートレイン」というイベントを銚子とひたちなか市那珂湊で実施していますが、いずれもJRの特急で銚子、勝田まで利用できますので、遠隔地のために(参加を希望するものの)やむなく参加を止めるということはなかったと思います。
それに対して大多喜は時間がかかるということで参加を躊躇されるところがあるようです。
そのため、推奨コースは、なるべく時間のかからない 高速バス+ローカルバス、京葉線+内房線+小湊鉄道+路線バス、京葉線+外房線+路線バスとなった次第です。

それに加えて、このイベント自体の趣旨として(先の書込みで申しましたように)、大多喜の活性化、鉄道に限らず公共交通を便利に使おうというところにありますので、バスも活用されて多くの方にイベントに参加していただければと思っております。
また、「乗って残そう」という大衆運動ではなく、ダイヤをはじめ便利でなければ人は乗らないということを前提に、これを機会に「いすみ鉄道」にはより利便性の高いダイヤ構成を考える契機にしていたたければとも思っております。

まだ参加人員に十分余裕がありますので、これからでもご参加をご検討いただければと思います。
申し込み無しで、当日(11月15日土曜日)大多喜の大屋旅館までいらしていただいても結構です。

会費は1,000円です。現状、会の会計が未整備なこともあり、全額大屋旅館で受け取っていただきました。

佐藤信之

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひたちなか海浜鉄道
2008年11月04日 10:30
 バスでのコース、妥当だと思います。
 鉄道活性化を考える場合、マイカーやバスを否定するわけには行きません。
 ひたちなか海浜鉄道でも「阿字ヶ浦から海浜公園まで徒歩25分」などと宣伝していますが、路線バスで勝田駅から20分、マイカーで15分という事実は厳然としてあるわけで、余計費用と時間がかかる分健康増進やまちめぐりなどの付加価値をつけてのセールスを行っています。
 いかに他の交通機関が便利かを認識することも必要だと思います。
(吉田)

この記事へのトラックバック