鉄道と旅と温泉と・・

アクセスカウンタ

zoom RSS SUICA PASMO運賃について

<<   作成日時 : 2013/07/07 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

武蔵境駅のNONOWA口のIC専用改札は、JR東日本が試験的に実施して利用者の反応を見ようという発想があるのだと思います。試行措置として利用者の自然な反応を見るためには、事前の説明はむしろ結果をかく乱することになると考えたのだと思います。私の意図は、それが唐突で乱暴であるという意味で、良くないと申し上げただけです。
それに対して、IC乗車券の1円刻みの運賃は、鉄道事業法で規定されている「総括原価による上限運賃」のルールに則している限り、問題にはならないと思います。
鉄道会社にとって問題に思っているのは、今回の運賃改定がコスト上昇が理由ではなく、消費税の税率の改定によるものであるということ。現行の運賃額は維持したままで消費税を上乗せしたいという考えがあると思います。
というのは、鉄道事業法では、総括原価によるヤードスティックで上限運賃が決められることになっていますので、場合によっては、鉄道事業固定資産経常利益率が公正な基準を超えている会社の場合には、制度上は、すくなくとも運賃があげられません。ヤードスティックを厳密に適用しようとすると、引き下げなければならないケースも出てくると思われます。
ですので、消費税率の引き上げによる運賃改定額は、税率の引き上げ分だけを単純に1円刻みで上乗せしたいのだと思います。
ただ、マスコミの誘導に乗って意図しない過激なコメントを掲載されることも本意ではありませんので、基本的には取材はお断りしようと思っております。     佐藤信之

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
SUICA PASMO運賃について 鉄道と旅と温泉と・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる